FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~

みなさま、ご心配をおかけ致しました。新月です、

次から次へと体調不良を重ねましたが、ようやく上昇の気配が見えました。
みなさま、お気遣いのコメント等、ありがとうございました。
まだしばらくは様子見が必要ですが、たぶん大丈夫かと思います。

さて、今回のお話は原作、デス・バスターズ編終了後、ネヘレニア編開始直後のお話です。

捏造注意。(いつものことですが)
はるかさんのピアスに関するお話を書いてみました。
内容はうさ→はる?(かな)
対のお話もあります。それはまた明日UP予定です。

それでは追記より、お楽しみ頂ければ幸いです。






~蒼穹に放った約束~



「うさぎちゃん?」

「あれ? まこちゃん」

天気の良いある日、学校の屋上に上がったまことは、金色の髪を揺らした少女―うさぎ―を見つけた。

デス・バスターズとの戦いが終わって早数ヵ月。
新たな敵も現れたが、高校生活にもようやく慣れ始めたこの頃。
うさぎはこの屋上にいることが多い気がした。

「どうかしたのかい? こんなところで」

「ううん。ちょっと天気が良かったから、風にあたりに来たの」

「あれ? それ…」

まことは彼女の手の中にあるものに気がついた。

「うん…はるかさんの、ピアス…」

答えたうさぎは少し寂しげで。
開いていた手のひらをそっと閉じて、金色の輝きを包み込んだ。

「どうして…?」

彼は、いや彼ら―はるかを含む外部太陽系の戦士3人―は戦いを終えた直後、生まれ変わったほたると共に旅立っていった。

“必ずまた逢える”

そう言葉を残して。
そのはるかのピアスがどうしてうさぎの手にあるのかが不思議に思えた。

「これ、ね…はるかさんの部屋に残されてたの。
 “また会える日まで持っていて欲しい”って手紙と一緒に…」

「そうだったのか…」

思えば彼はうさぎのことを特に気にかけているようだった。
戦士のしての使命感もあるだろうが、それ以外にもどこか特別な感情が見え隠れしていた。

そしてうさぎもまた、はるかの独特な雰囲気に惹かれているような様子だった。

「…元気でやってるかなぁ…」

呟かれた言葉にいつもの元気が感じられない。

「うさぎちゃん、寂しいのかい…?」

「え、あ…うん…ちょっとね…」

肩を竦め、笑う彼女は少し無理をしているようで。

再び手の中のピアスに視線を落としながら言葉を続けた。

「私ね…ちびうさがネプチューンに約束のしるしにってアクア・ミラーを渡されてた時、ホントはちょっと羨ましかった。
 バカだよねー…でも……」

途切れた言葉の先に気付き、まことは彼女の頭をそっと撫でた。


何度もぶつかり合い、ようやく分かり合えた仲間だった。
自分たちを遠ざけたのも、彼らのプライドの高さと、うさぎを護ろうとするが故。

強さと引き換えのように耐えなければならなかった孤独。

そんな中で、白銀色の輝きだけが一筋の光だったと聞いた。

うさぎはそれほどに、彼らの中では大きな存在だったのだ。

昔も…そして、今も――


「……はるかさんのこと、好きだったのかい?」

彼女は以前からほんの少し気にかかっていたことを思い切って尋ねた。
しかし、うさぎは「わからない」と首を振った。

「でもね、せっかくはるかさんがくれた『約束』だから…それまでこの“気持ち”、ちゃんと育ててみようと思うの。
 どうなるか正直わからないけど……ちゃんと考えてみる」

そう微笑む彼女の表情は先ほどとは違って、どこか大人びた瞳で。

「新しい敵も現れて、不安だしわからない事もいっぱいあるけど…
 でもね、はるかさんのピアス見てるとね、なんだか励まされてるみたいで頑張れそうな気がするの!」

「うん。うさぎちゃんがそう思うなら、やってみな。
 相談ならいつでも乗るからさ」

「うん!ありがとう、まこちゃん!」

安心したように顔を綻ばせた彼女に頷いてみせた。


のちにうさぎが誰の手を選ぶのかはわからない。

自らが見てきた未来が現実となるのかさえ。

だけどその時、彼女が笑っていてくれさえいればそれで良い。

誰よりも愛で満ち溢れ、悲しみを乗り越えてきた少女が幸せになってくれれば、それで―…

(約束、ちゃんと守ってよね…はるかさん)

心の中でそう呟き、まことは晴天の空へ微笑んだのだった。


FIN

================================

私的に、内部での恋愛相談はまこちゃんが請け負ってそうなのでこんなお話になりました。

はるかさんのことですから、あんまりこんなことしないかもしれませんが、するとしたら…こんな感じなんでしょうか。な考えで書いてしまいました。

あぅ…やっぱり難しいです(汗)



関連記事
スポンサーサイト

<< 皆さまこんばんわ。 | ホーム | 次から次へと… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。